ベチバー


単子葉、 イネ科、 オキナワミチシバ属、多年草。 用語説明
花期:秋〜冬 10月〜12月
高さ:2〜3メートル
別名:カスカスガヤ
寒さに弱く、日本では屋外での越冬は容易でない。
根が地中に深くのび、 大きなススキのようで、分けつして大株となる。
葉は長さ30〜90センチの線形で、幅は4〜10ミリと細く、 光沢がある。
秋に円錐花序を出して、紫色の小さい花をつけるが、 日本ではほとんど開花しない。
株分けでふやすことができる。
大きな根株から精油をとることができ、 香水や心を落ち着かせる香料などの原料となる。
インド原産。



株は分けつして大きくなる。(2016/5/5)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る