バイモ

貝母

単子葉、 ユリ科、 バイモ属、球根植物、多年草。 用語説明
花期:春 3月〜5月
高さ:40〜60センチ
別名:アミガサユリ
鱗茎は2枚の貝状の鱗片が合わさってできている。 (その形が子を抱く母に似ているので貝母と名付けられたと言われる。)
茎は直立し、薄緑色である。
葉は下部では輪生、上部では互生し、細くて先が鈎状にまがり、 軽く巻き付き、薄緑色をしている。
早春に長楕円形のつぼみを茎に寄り添わせてつけるが、 まもなく葉腋についている花柄がのびて、3センチぐらいの淡緑色の釣鐘状の 花を下向きに数輪咲かせる。花びらの内側に網目模様がある。 花弁が6枚、雄しべが6本ある。
果実は刮ハで、幅広の縦翼が6枚ついた円筒形である。
夏には地上部は枯れる。
中国原産。



釣鐘形の花が下向きに咲く。


花に編目模様がある。(2017/3/30)


(2017/4/13)


茎は直立する。(2016/3/16)


(2017/3/30)


果実には6翼があり、翼が大きくなるにつれて上向きとなる。


翼ははじめは小さい。(2016/4/15)


上部の葉は細くて、先が鉤状に曲がる。(2015/5/1)


(2017/4/13)


下部の葉は輪生状に出る。(2017/3/10)


苗。(2017/3/10)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る