アロエベラ


単子葉、 アロエ科、 アロエ属、多肉植物、常緑、多年草。 用語説明
花期:秋〜冬 11月〜2月
高さ:1〜2メートル
茎はなく、葉がロゼット状に叢生する。
葉は多肉の剣形で灰緑色をしており、縁に棘に似た白か帯褐色の鋸歯がある。
葉腋から直立する花茎に、赤橙色の管状の花を総状につける。
1つの葉が50センチ以上に大きくなり、肉厚なので、 葉肉を薄切りして食べたり、ヨーグルトに入れたりする。 葉汁は薬としても使われる。
寒さに弱い。
アフリカ原産。
日本ではあまり結実しない。



葉は灰緑色で粉を吹いたように見える。(2017/10/31)


花茎が高くのびる。


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る