アオガヤツリ

青蚊帳吊

単子葉、 カヤツリグサ科、 カヤツリグサ属、1年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜10月
高さ:10〜30センチ
茎が束生し、放射状に斜上することが多い。
葉は根元がら数枚出て、その基部は 褐色か赤紫色を帯びた葉鞘となっている。 葉は幅1〜2ミリと細く、淡緑色の線形で、柔らかい。
茎の断面は3角形で表面はなめらかであり、 頂に葉と同形の淡緑色の苞が2〜3枚つき、 その中央に緑色の小穂が直径1.5〜2.5センチの頭状に集まってつく。 茎先から数本の短い花序枝を出し、その先にも苞と頭状に集まった小穂を 分花序としてつけることも多い。
小穂は長さ3〜7ミリの扁平な被針形で、中に小花が2列に並んでいる。
3稜のある卵状楕円形のそう果がつき、茶褐色に熟す。 そう果が集まって披針形の小穂となり、それがさらに 頭状に集まって枝先につく。





花序枝の先にも小穂をつける。小穂は扁平な披針形。


小穂が苞の間に頭状に集まってつく。(2015/9/20)


葉は線形で根生し、葉鞘が筒状となる。(イネのように茎から互生はしない。)(2015/9/20)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る