アマナ

甘菜

単子葉、 ユリ科、 アマナ属、宿根草。 用語説明
花期:春 3月〜4月
高さ:15〜25センチ
別名:ムギグワイ
日当たりのよい草地や畦などに生え、 葉の細い小さなチューリップのようである。
丸い鱗茎があり、茎が地中でのび、地表で2枚の葉を出すので、 葉は根生しているように見える。
葉は長さ約20センチ、幅5〜10ミリの線形で、 白緑色であり、U字形にくぼみ、中脈は白いことが多い。 葉先はボートの舳先状になる。
葉の間から直立する約15センチの花茎の先に、 白い6弁花を1個つける。雄しべは6本あり、葯は黄色い。 花の下に小さい葉のような苞が2枚ある。 花被片は長さ2センチあまりで、外側に暗紫色の筋があり、 日があたると開き、夜や曇りの日は閉じる。
丸くて3稜のある緑色の刮ハができる。
鱗茎は食用になり、甘い。

(2017/3/30)


左右に広がる2枚の葉の間から花茎が出る。(2017/3/30)


葉はU字形にへこむ。(2016/4/15)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る