アガパンサス


単子葉、 ユリ科、 アガパンサス属、球根植物、常緑、多年草。 用語説明
花期:夏 6月〜7月
高さ:50〜80センチ
別名:ムラサキクンシラン
根茎と太い根がある。
葉は長さ30センチぐらいの幅広の線形で、やや厚い。 根生し、 根元では左右対称に広い面を同じ向きにそろえて密着させて(合掌するように)出る。
丈夫な花茎を直立させ、その先にラッパ形の青紫色の花を10〜30輪 放射状につける。 花冠は6裂する。白い花もある。
果実は楕円形の刮ハで3稜があり、3裂する。
アフリカ南部原産。



ラッパ形の花の花冠は6裂する。




(2016/7/10)


葉破線形ややで厚くて光沢があり、先が少しだけ垂れる。(2016/7/10)


葉は根本から左右対称に出る。




3稜のある楕円形の刮ハができる。


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る