アブラススキ

油薄

単子葉、 イネ科、 アブラススキ属、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜10月
高さ:0.9〜1.2メートル
茎は束生して高くのび、穂先が垂れ、葉も花も間延びしてつく。
葉は長さ40〜60センチ、幅1〜1.5センチの線形で、中脈が白く、 垂れ下がり気味となり、下部の葉では葉身と葉鞘の間に 長い柄がある。 茎の上部には葉があまりつかない。
茎先に出る花序は20〜30センチの円錐状で、柄の長い花序枝を間隔をおいて多段に 輪生させ、その先に細長い小穂を多数ぶらさげる。 小穂の基部には短い毛があり、葯は黄褐色〜赤褐色である。 長い芒がある。
茎や花序の軸から粘液を出すので、油を塗ったような光沢と臭気がある。



花序の枝が長く、数本ずつ輪生する。




芒が長い。(2017/11/7)


若葉


葉は線形で、中脈が白い。(2016/10/15)


葉先は垂れ下がる。


草丈は高くなる。


茎の上部には葉があまりつかない。


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る