オカメザサ

阿亀笹

単子葉、 イネ科、 オカメザサ属。 用語説明
高さ:1〜2メートル
根茎が地中をはって群生する。
茎は直径3〜4ミリで直立し、節から短い枝を3〜5本出し、その先に 長さ6〜10センチの葉を1枚(まれに2枚)つける。 枝の出る節は膨らむ。
被針形の葉の表面は黄緑色で、裏面は白っぽくて微毛が密生する。 葉鞘はなく、枝先に葉が直接につく。
希に茎先に約30センチの穂を出して、花弁のない花を咲かせる。
日本に自生する竹では、高さが最も低い。 密生すると他の植物は入り込めない。











単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る