アズマネザサ

東根笹

単子葉、 イネ科、 メダケ属。 用語説明
高さ:3〜4メートル
地下茎で群生する。 棹は直径2センチぐらいで3メートル以上にのび、緑色であるが、紫褐色を 帯びるものもある。踏みつけられたものは20センチぐらいであったりする。 節からは枝が3〜7本出て、それらがさらに小枝に分かれてゆく。 1つの棹は4年ぐらいで枯れる。
葉は15〜25センチの被針形で、先が次第に細くなり、無毛で、 枝先に2〜7枚が互生する(先端では間がつまって扇状になる)。 1つの葉の寿命は1年ぐらいで、春と秋に一部落葉する。
竹は数十年に1度しか花が咲かないと言われるが、 アズマネザサはもっと短い間隔で花をつけるようであり、 頻繁に草刈される所では、毎年のようにちらほら花をつける群落もあるようである。 ただし、群生しているものが全部一斉に花を咲かせることは滅多にないようである。
4月頃、茎先に小花が4〜12個集まって小穂を作り、 それが数個互生して穂をつくる。 葯はイネの葯に似ている。
果実はイネの籾に似ているが、少し大きい。 種子もイネの米粒に似ているが、稔るまでに至らないものが多い。





3メートル以上にのびる。


披針形の葉が互生する。(2017/9/21)


(2017/9/21)


イネに似た穂が出ることがある。葉は互生する。




穂が出るのは短く刈込みされた後などのことが多い。


(2015/5/16)


葉に光沢がある。(2016/6/13)


一斉に花が咲くことがある。(2016/4/29)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る