ヨウシュヤマゴボウ

洋種山牛蒡

双子葉、離弁花、 ヤマゴボウ科 、 ヤマゴボウ属、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 6月〜9月
高さ:1〜2メートル
根は塊状に肥大して越年する。 茎は太く、直立して上部で分枝し、赤みを帯びる。
葉は互生し、先のとがった10〜30センチの大きな長楕円形で、柔らかい。 晩秋に部分的に赤くなる。
葉腋から長い柄のある総状花序を出し、白くて小さい花を 元から先へと咲かせる。 花には花弁がなく、白い5個の萼片が花弁のように見える。
果実は直径約8ミリの丸い液果で、黒紫色に熟す。 果期には花序が垂れ下がる。
全草に強い毒がある。
北米原産。



花弁はなく、萼片が5枚の花を咲かせる。総の先のはまだ蕾。


偏球形の液果が黒紫色に熟す。




茎は太く、直立したのち分枝する。(2015/5/6)


紅葉。


(2016/10/20)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る