ツノゴマ

角胡麻

双子葉、合弁花、 ツノゴマ科 (または ゴマ科)、 ツノゴマ属、1年草。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜7月
高さ:約80センチ
別名:タビビトナカセ、アクマノツメ
全体に腺毛があって、ネバネバする。
茎は這って広がる。
葉は円心形で、長さ30〜40センチと大きく、互生する。
葉腋から総状花序を出し、長さ約5センチの唇形花をつける。 花冠は淡桃色で、黄斑がある。
果実は角状に湾曲して、基部はふくらみ先は細長くとがった刮ハで、 腺毛がある。成熟すると木質化し、外果皮は2裂し、 内果皮は裂開して2本の湾曲した長い爪状となり、 黒くなって動物などにとりつく。
熱帯〜亜熱帯アメリカ原産。

花は大きい唇形で、下唇に黄色い筋がある。(2015/7/2)


(2016/7/28)


葉は大きな円心系で、葉柄が長い。(2015/7/2)


茎は太くて横にのびる。(2015/7/2)


果実は基部の膨らんだ角形で先が湾曲する。(2016/9/28)


熟すと紫色から黒色になり、先が2裂して木質化し、動物にとりつく。(2016/9/28)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る