タガラシ

田辛し

双子葉、離弁花、 キンポウゲ科、 キンポウゲ属、2年草。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:30〜50センチ
田のあぜなどに生える。
茎は黄緑色でよく分枝し、かたくない。
根生葉と下部の葉は掌状に3深裂し、裂片はさらに細かく裂ける。 上部の茎葉は被針形で互生する。葉には光沢がある。
葉腋から花柄を出し、黄色くて中心部の盛り上がった 5弁花を1つ咲かせる。
花後に花床が盛り上がって、長さ8〜10ミリの楕円形となり、 表面にいぼがたくさんついて、そう果の集合果となる。
有毒である。



(2016/5/5)


花床が高く盛り上がって集合果になる。


茎は太く、上部の葉は披針形。(2015/4/15)


下部の葉は掌状に3深裂し、裂片はさらに裂ける。(2015/5/6)


全体が黄緑色で、茎はよく分枝する。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る