シバザクラ

芝桜

双子葉、合弁花、 ハナシノブ科、 フロックス属、常緑、多年草。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:5〜15センチ
茎は地を這い、よく枝分かれして節から根を出し、地面を覆うように密生する。
葉は対生し、約2センチの小さい披針形で、固い。葉裏に毛がある。 枝先では葉が螺旋状に密生する。
枝先の小さい円錐花序に直径12〜18ミリで薄桃色の高坏形の花を多数つける。 花冠は5裂して平開し、裂片の先が浅く2裂する。 サクラに似ているが、雄しべは花冠中央部のくぼみに沈んでいる。 雌しべの先は3つに割れる。 萼も5裂し、萼片は針形で短毛が密生する。
開いた萼の上で、楕円形で先の尖った刮ハが実る。
寒さや暑さ、乾燥にも強いが、湿気には弱く、 涼しくて日当たりの良い所を好む。
北米原産。



(2016/4/16)


花筒が長い。(2016/10/11)


葉は披針形で固い。


(2015/12/5)


色は白、紅色、薄桃色、藤色などで、多数の品種がある。


花が密生する。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る