オトコエシ

男郎花

双子葉、離弁花、 オミナエシ科、 オミナエシ属、多年草。 用語説明
花期:夏 8月〜10月
高さ:60〜100センチ
茎は直立して上部で分枝する。
葉は対生し、羽状に裂け、裂片は卵状長楕円形で鋸歯があり、 頂裂片が他より大きい。
枝先の散房花序に白い5弁花が多数つく。
果実は翼のある倒卵形でうちわのようなそう果である。

(2016/10/6)


白い花が散房状に多数咲く。


花では5枚の花弁が反り返り気味となる。(2017/9/30)


茎は直立後に上部で枝分かれする。




果実は翼のある倒卵形のそう果。


(2015/9/30)


そう果は円心形の翼があって、うちわ状となる。(2017/11/7)


根生葉は羽状に裂けて、頂裂片が大きい。(2017/5/2)


茎葉は対生し、茎の中段部では羽状に大きく裂ける。


下段部では、裂片が尖った楕円形となり、鋸歯がある。


茎の上部の葉は、裂け方が細かくなる。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る