マツムシソウ

松虫草

双子葉、離弁花、 マツムシソウ科 、 マツムシソウ属、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜10月
高さ:30〜80センチ
太い直根をもち、羽状に分裂した葉をもつロゼットで冬を越す。
茎葉は対生し、羽状に深裂し、裂片は細長い。表裏に毛がある。
初秋に葉腋から出る長い柄の先に直径4センチぐらいの淡青紫色の 花を咲かせる。 花は多くの花が集まった頭状花で、中心部は花冠の先が5つに分かれる 筒状花で、周辺部の花では5つのうちの3つの裂片が外側にのびる。
花後にはネギ坊主のような球形の集合果をつけ、中にそう果が入っている。

葉は羽状に裂ける。(2009/4/23)


淡紫色の頭花の外側の小花は、外側の裂片が大きい。Photo by H. O. (2010/10/8)


(2015/7/2)


長くのびた雄しべに赤紫色の葯がつく。(2016/7/27)


花径が高くのびる。丸いのは果実。Photo by H. O. (2010/9/24)


茎は太い。(2017/6/6)


上方で枝分かれする。(2016/7/27)


ネギ坊主のような丸い果実をつける。(2016/7/27)


(2016/9/28)


茎葉は羽状に深裂し、裂片は細長い。(2015/7/2)


ロゼットで冬を越す。(2014/10/8)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る