クサキョウチクトウ

草夾竹桃

双子葉、合弁花、 ハナシノブ科、 フロックス属、常緑、多年草。 用語説明
花期:夏 6月〜7月
高さ:40〜120センチ
別名:フロックス、宿根フロックス
耐寒性はあるが、高温多湿には弱い。 茎は無毛で直立し、分枝しない。
葉は先のとがった全縁の長楕円形で、対生する。
茎先の円錐花序に直径約2センチの小さい高坏形の合弁花が 数十輪咲く。花筒は約3センチあり、花冠は5裂して重なり合い、 色は青紫や紅色、白などがある。
細長い唐辛子状の刮ハができる。
北米原産で明治時代に園芸種として渡来。



刮ハができる。(2015/10/28)


茎は四角で束生して直立し、分岐しない。(2015/10/28)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る