クレオメ


双子葉、合弁花、フウチョウソウ科、フウチョウソウ属、1年草。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜10月
高さ:1メートルぐらい
別名:フウチョウソウ(風蝶草)
茎は直立し、葉は掌状複葉で互生する。 花の咲いた茎につく葉は先の尖った卵形(三角状)で小さく、 密生する。
茎の頂に多数の蝶のような花を総状につけ、下から上へと咲く。 花は蕾のときは薄紅色で開くと次第に白くなる。 花弁は4枚で柄が長く、雄しべが異様に長く突き出る。
豆のような細長い鞘に入った刮ハを長い柄の先につけ、 鞘がはじけると黒褐色の種子が出る。
南アフリカ原産。



刮ハは細長い鞘になっている。


果実は熟すと裂けて種子を弾き飛ばす。(2015/9/29)


葉は掌状複葉で、小葉は先の尖った狭楕円形。(2016/7/28)


掌状複葉なのは下部の葉で、上部の葉は先の尖った卵形。(2015/7/2)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る