カノコソウ

鹿子草

双子葉、離弁花、 オミナエシ科、 カノコソウ属、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜7月
高さ:40〜80センチ
別名:ハルオミナエシ
地下茎から匐枝を出して広がる。 茎は直立する。
葉は対生し、奇数羽状に全裂し、小葉は卵形で粗い鋸歯がある。
茎先の散房花序に淡紅色の蕾を多数つけ、咲いた花の白と混じって、 花序全体が鹿の子模様に見える。 花冠は5裂し、雄しべが花冠から突き出る。
果実は長さ3〜4ミリの被針形のそう果で、 萼の変形した冠毛があって、風でとぶ。
生薬の吉草根(沈静薬)として利用する。

花は散房状に咲く。(2015/5/6)


蕾は赤みを帯び、花は白く、雄しべが突き出す。(2015/5/6)


下部では奇数羽状複葉が対生し、小葉には粗い鋸歯がある。(2015/5/6)


茎葉は小葉の数が少ない。(2015/5/6)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る