ジュズサンゴ

数珠珊瑚

双子葉、離弁花、 ヤマゴボウ科 、 リビナ属、多年草(暖地以外では1年草)。 用語説明
花期:夏〜秋 6月〜10月
高さ:30〜100センチ
半日陰のやや湿った所で育つ。
茎は直立する。
葉は尖った卵形、あるいは披針形である。 (鋸歯ははっきりしない。)
上部の葉腋や枝先から総状花序を出し、 白い花弁状萼片が4枚平開する花をつける。 (花弁はない。)
赤くて丸い液果ができ、長期間枝についている。
南北アメリカの熱帯〜亜熱帯地方原産。

(2018/10/16)


赤い液果が長期間ついている。 (2018/5/19)


白い花弁状萼片が4枚ある花が咲く。 (2018/9/22)


花序は茎先や葉腋から出る。葉は披針形や尖った卵形。 (2018/9/22)


花序は長くのびる。葉が細長くなることもある。 (2018/5/19)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る