チドリソウ

千鳥草

双子葉、離弁花、 キンポウゲ科、 ニゲラ属、秋まき1年草。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜7月
高さ:約1メートル
別名:ラークスパー、ヒエンソウ(飛燕草)
日当たりがよく、水はけのよいところを好む。
茎は直立してから枝分かれする。
葉は掌状で互生するが、葉身は糸状に細裂する。
枝先の総状花序に直径2〜4センチの花を多数つける。 青紫、紫、赤紫、白など、いろいろの色があり、八重咲きもある。 花弁のように見えるのは萼片で、通常は5枚ある。 花の後ろに細長い距がある。 (距のある花を千鳥になぞらえて名付けした。)
長楕円形の袋果ができる。
南ヨーロッパ原産。



花の後ろに細長い距が突き出る。(2015/5/16)


葉は糸状に裂ける。花弁状萼片は5枚。(2016/5/7)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る