トチュウ

杜仲

双子葉、離弁花、 トチュウ科、 トチュウ属、落葉、広葉樹、高木。 用語説明
花期:春 4月
高さ:10〜20メートル
樹皮は灰白色で縦の割れ目がある。
葉は8〜16センチの卵形で、先がするどくとがり、互生する。 枝や葉の傷口から乳液がしみ出し、天然ゴムになる。
雌雄異株で、葉の展開と同時に、葉腋に緑かかった白色で花被のない花を 単生させる。 雄花は雄しべが放射状にのび、雌花はへらのような形をしている。
長さ3〜4センチの長楕円形でカレイのような形の翼果をつける。
樹皮は漢方薬の原料となり、若葉は杜仲茶の原料となる。 中国原産。



葉は先の尖った卵形。(2016/10/15)


樹皮は灰白色。


翼果がつく(種が透けてみえている)。


幹には縦の割れ目がある。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る