シキミ



双子葉、離弁花、 シキミ科、 シキミ属、常緑、広葉樹、小高木。 用語説明
花期:春 3月〜4月
高さ:3〜5メートル
別名:ハナノキ
樹皮は暗灰褐色で平滑であり、若枝は緑色である。 幹は直立し、やや車輪状に分枝する。
葉は有柄で枝先に互生する。 葉身は8センチぐらいの長楕円形で、厚く平滑でやや波打ち、 香気があり、油点がある。
春に葉腋に細長い花弁が12枚ある黄白色の花を散形状に咲かせる。
袋果が8個集まった扁球形で突起のある集合果をつける。 熟すと上面が裂開して、6〜8ミリの光沢のある褐色で丸い種子が出る。
仏事に使われる。全体が有毒、とくに果実は猛毒。
以前はモクレン科やマツブサ科に含められていた。



花は黄白色で12弁。(2017/3/10)


葉は全縁の長楕円形で、枝先ちかくにつく。


縁がやや波打つ。


葉は互生する。


蕾。


黄白色の花が葉腋につく。


花弁は細長くてねじれたようにのびる。













若い実




袋果が8個集まった集合果がつく。






楕円形で黄褐色の種子が出たあと、はじけた袋が残る。





双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る