パパイヤ


双子葉。 パパイヤ科、 パパイヤ属、常緑、中高木。 用語説明
花期:夏
高さ:2〜10メートル
幹は直立し、分枝せず、年とともに肥大するが、 木質化は不十分で柔らかく、台風などで倒れると腐りやすい。 (したがって、多年草に分類されることもある。)
直径約50センチの大きな葉が幹の頂近くに群生する。 葉は薄くて柔らかく、長い柄を持ち、掌状に深く切れ込み、 各裂片はさらに羽状に切れ込む。
通常は雌雄異株であるが両性のものもある。 黄緑色の花が葉の付け根に1つずつつき、花冠は5裂する。
果実は洋梨形の液果で、長さ20センチぐらいと大きく、 果皮は緑から黄色を経て赤く熟し、果肉は黄橙色で厚く、 食用にされる。果実の中心部にゴマ粒状の黒い種子が多数ある。 果実が熟すまで6か月近くかかる。
年間を通して20度を下回らない土地では、1年中開花・結実を繰り返す。
熱帯アメリカ原産。

葉は掌状に裂け、果実は大きい洋梨形である。(2015/9/29)


葉は柄が長く、幹の頂近くに螺旋状に群生する。(2015/9/29)


幹は灰色で滑らかである。(2015/9/29)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る