オニシバリ

鬼縛り

双子葉、離弁花、 ジンチョウゲ科、 ジンチョウゲ属、冬緑、小低木。 用語説明
花期:冬〜春 2月〜4月
高さ:1メートル以下
別名:ナツボウズ
林内に生える。 樹皮は灰褐色で縦に裂け、強靱である(鬼も縛れる)。
葉は枝先に集まって互生し、葉身は5〜13センチの長楕円形で、 先は丸いのや細いのがあり、全縁で、表も裏も無毛である。 冬は緑であるが、夏に黄色くなって落葉する。
雌雄異株で、葉腋に黄緑色の小さな花が束生する。 花弁のように見えるのは萼片で、先が4深裂する。
楕円形の液質の核果が葉腋に数個つき、初夏に赤く熟す。



長楕円形で全縁の葉が互生する。(2016/4/15)


花は黄緑色。Photo by H. O. (2006/3/24)


丸い核果が赤く熟す。Photo by H. O. (1999/7/8)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る