ニガキ

苦木

双子葉、離弁花、 ニガキ科、 ニガキ属、落葉、広葉樹、高木。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:15メートル
樹皮は暗褐色で滑らかであるが、老木になると縦に裂ける。
葉は奇数羽状複葉で、4〜6対の小葉があり、互生する。 小葉は先のとがった卵状長楕円形で、細かい鋸歯がある。
雌雄異株で、春に葉腋から出る集散花序に黄緑色の小さい花を多数つける。 花弁は4〜5個で、雌花には発達した花盤の上に丸い子房が4〜5個のっている。
果実は核果で、6ミリぐらいの広楕円形の分果が2〜3個つき、 9月に黒紫色に熟す。
樹皮や葉などに強い苦みがある。





葉腋から出る集散花序に黄緑色の小さい花を多数つける。


雄花。発達した花盤のまわりに花弁と雄しべが5個ぐらいある。(2017/5/2)


奇数羽状複葉が互生し、小葉は卵状長楕円形で鋸歯がある。


(2017/5/2)




黄葉する。


樹皮は暗褐色で平滑。




双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る