マカダミア


双子葉、離弁花、 ヤマモガシ科、 マカダミア属、常緑、高木。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:10メートル以上
熱帯雨林に生える。
幹は直立し、樹皮は灰褐色で平滑である。
葉は長さ20〜30センチの長楕円形で、鋸歯があり、 光沢があって、縁が少し波打つ。 葉は3〜4輪生する(互生するとの記述もある)。
枝先に長さ約30センチの穂状花序が数本出て、 白い花がブラシ状に多数咲く。 雄しべが長い。
果実は先が短く尖った直径約2.5センチの丸い核果で、 緑色のまま落ちたりするが、その外果皮をむくと、 直径約2センチの球形で褐色の固い殻が現れ、 その中にはクリーム色の果肉がある。 これはマカダミアナッツと言われ、 オレイン酸などの不飽和脂肪酸を含むが、 コレステロールを含まない健康食品として食用に供される。
ハワイなどでたくさん栽培されている。
オーストラリア原産。

(2017/9/30)


葉は長楕円形で鋸歯があり、3〜4輪生する。(2017/9/30)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る