カカオ


双子葉、離弁花、 アオギリ科、 カカオ属、常緑、中高木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜月
高さ:4〜10メートル
湿潤な熱帯地方に生育する。
幹は直立し、樹皮は灰褐色〜緑褐色である。
葉は大きな長楕円形で互生し、先が突起状にとがる。
幹に総状の花序が直接出る幹生花をつける。 花は直径約3センチの5弁花で、白〜黄白色である。
花の多くは結実しないが、結実すると幹生果となり、 長さ15〜30センチ、太さ8〜10センチの褐色で長楕円形の果実が幹に直接つき、 中に20〜30個の種子(カカオ豆)を含む。
ココアやチョコレートの原料となる。
原産地:熱帯アメリカ



カカオは幹に直接果実がつく。(2015/9/29)


葉は長楕円形で互生し、先が突起状にとがる。(2015/9/29)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る