ジンチョウゲ

沈丁花

双子葉、離弁花、 ジンチョウゲ科、 ジンチョウゲ属、常緑、低木。 用語説明
花期:春 3月〜4月
高さ:1メートルぐらい
幹は直立し、よく分枝する。 樹皮は黒褐色で、繊維は強い。
葉は4〜8センチの長楕円形で柄は短く、革質で光沢があり、互生する。 全縁で無毛である。
冬の間から旧年の枝先に赤い蕾をつけ、春に花を頭状に開く。 強い香りがあり、花弁はなく、花弁状の萼の先が4裂する。 萼の外側は紅紫色であるが、内側は白い。
球形の核果が赤く熟すことがあるが、日本ではほとんど結実しない。 雌雄異株ともいわれ、実のなる株とならない株がある。
大きくなると移植がむずかしい。
中国原産。

早春の花。(2007/3/6)




蕾。(2007/2/9)




葉は革質の長楕円形で全縁。 (2017/1/4)


冬の間中赤い蕾で過ごす。(2015/2/21)


成長が遅くて密に茂る。枝は褐色。(2017/1/4)


白い花もある。(2016/2/19)


よく分枝するが高くはならない。葉痕がたくさん残る。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る