イイギリ

飯桐

双子葉、離弁花、 イイギリ科、 イイギリ属、落葉、高木。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:10〜15メートル
別名:ナンテンギリ
幹は直立し、枝を放射状に出し、樹皮は灰白色で皮目がある。
葉は枝先にかたまって車輪状に互生し、 10〜15センチの卵円形で鋸歯があり、先がとがる。 長い柄があり、秋に黄葉する。
雌雄異株で、春に枝先に円錐花序を垂れ、黄緑色の花を咲かせる。 花弁はなく、萼片が5〜6枚ある。雄花では雄しべが長い。
秋に丸くて赤い液果を房状につける。 種子は卵状楕円形で紫褐色である。



花序が枝先から出る。


実の落ちた花序。







葉は卵円形。




秋に黄葉する。


果実




冬も果実が残る。




幹は灰白色。葉は枝先にかたまって車輪状に互生する。(2015/5/10)。


褐色の皮目がある。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る