メキシコラクウショウ

メキシコ落羽松

裸子植物、 スギ科、 ヌマスギ属、常緑、針葉樹、高木。 用語説明
花期:秋
高さ:20メートル
湿潤地に生える。
幹は直立し、樹皮は褐色で縦の裂けめがあり、枝は横広がりになって下垂する。。
葉は2〜3センチの針形で、羽状に互生する(2列に並ぶ)。 ラクウショウ とちがって秋に落葉せず、気根も出ない。
果実は20ミリ前後の球果である。
原産地のメキシコでは、幹がうんと太く高くなる(高さ48メートルのもある)。 メキシコの国の木として指定されている。



葉は羽根状に互生する。 (2017/5/2)




葉は密に茂る。


枝先は下垂する。


枝先の葉から少しずつ枯れてゆく。(2018/5/24)


球果ができる。(2015/10/28)


果実はたくさんできる。 (2015/10/28)


樹皮は褐色で縦の割れ目ができる。


冬も葉が茂っている。(2017/3/10)


やや乱れた円錐状の樹形となる。(2018/10/7)


裸子植物-目次へ戻る
総目次へ戻る