ラクウショウ

落羽松

裸子植物、 スギ科、 ヌマスギ属、落葉、針葉樹、高木。 用語説明
花期:4月
高さ:50メートル
別名:ヌマスギ
湿地にも生えることができ、沼地では膝根とよばれる竹の子のような気根を多数出す。
樹皮は縦に薄くはがれる。
葉は扁平な針形で、短枝に羽状に互生する。 落羽松という名のように、秋に黄葉し側枝ごと落葉する。
雌雄異花で、葉の展開前に雄花は淡褐色で枝先に総状に下垂し、 雌花は球形の緑色で枝先に数個つく。
緑色で直径2.5〜3センチの丸い球果をつける。白色〜褐色に熟す。 割れると樹脂のついた種子が現れるが、種子のできないものも多い。
心材は精油を含んで腐りにくく、気室があって軽い。北米原産。



若葉。


雄花序が尾状に垂れ下がる。


球果。


(2016/10/2)


果実は枝先に数個つく。(2018/9/22)


熟した球果。


球果がひび割れると褐色の種子が現れる。(2018/1/7)




小枝の先は垂れ下がる。


樹皮は赤褐色で、縦に裂ける。


葉はよく茂る。


幹は直立して高木となる。(2016/10/2)


樹形は円錐状となる。(2018/9/22)


冬は落葉する。(2017/3/10)




膝根が出る。


(2017/3/10)


裸子植物-目次へ戻る
総目次へ戻る