チャボヒバ

矮鶏檜葉

裸子植物、 ヒノキ科、 ヒノキ属、常緑、針葉樹、小高木。 用語説明
別名:カマクラヒバ(鎌倉檜葉)
花期:春 4月
高さ:4〜6 メートル
ヒノキ の園芸種で、葉が扇状に密生し、やや柔らかい。
樹形は狭円錐状になる。 成長は遅いが、萌芽力があって、形を整えやすい。
枝先に褐色の鱗片をかぶった木の芽状の小さい花が単生する。
果実は丸い球果で、はじめは淡緑色をしている。



葉は扇状に密生する。


(2016/4/29)


葉は鱗片状で、先がとがらず、光沢がある。


葉裏にY字気孔帯がある。(2015/9/30)


葉先につく雄花は小さな楕円形。 (2016/4/29)


(2015/9/30)


(2016/4/29)


樹皮は縦に裂ける。


裸子植物-目次へ戻る
総目次へ戻る