ガマ



単子葉、 ガマ科、 ガマ属、湿地植物、多年草。 用語説明
花期:夏 6月〜8月
高さ:1.5〜2メートル
湿地に生え、地下茎が横に長くのびて群落をつくる。
葉は両手を合わせるような形で根生し、幅1〜2センチの線形で厚くて直立し、 基部は葉鞘となって茎をいだく。
花穂は根元から出る花茎の先に直立し、 赤褐色のソーセージのような雌花穂の上に赤褐色の棒のような雄花穂がある。 雄花穂は長さ7〜12センチで細く、 雌花穂は長さ10〜20センチで直径1.5〜2センチと太くて長い。 雄花、雌花ともに萼も花弁もない。 花粉は黄色い。

種子は1ミリぐらいの小さい楕円形の堅果であり、長い白毛があって、 花のあとしばらくすると穂が白い綿のようにほつれて 大量の白毛が現れ、風で飛ぶ。
昔はガマの穂で蒲団を作った。(現在使われている「布団」は当て字。)



熟すと、長い白毛が十数本ついた小さい堅果が大量に出てくる。(2015/9/29)


背丈より高くのびる。(2017/10/18)


厚みのある扁平な葉が掌を合わせるように出てきて、直立する。(2015/5/10)


湿地に生え、基部は葉鞘となって茎を抱く。(205/7/2)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る