バナナ


単子葉、 バショウ科、 バショウ属、夏緑、多年草。 用語説明
花期:夏 8月
高さ:4メートル
冬も15度を超える亜熱帯〜熱帯地方に生育する。
根茎があり、幹のように見えるのは葉鞘が何重にも巻いた偽茎で、 葉はのぼり旗のようで長い。
偽茎の先から花軸がのびて砲弾形の蕾が下向きにつき、 花弁状の苞葉の陰に筒形で黄白色の花が下向きに輪生し、 その各々が光を求めて上向きに弓なりにまがって円柱形の果実となり、 それらが多段の輪生状につく。
売られているバナナには種がないが、野生のバナナには 果肉の中に小豆状の種がある。
一度果実の総ができると地上株は枯れるが、 また新芽が出てくる。
南方の代表的果実。

花。


果実。(2015/9/29)


(2017/6/6)


(2017/6/6)


葉は大きい。(2017/6/6)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る