オクマワラビ

雄熊蕨

シダ植物、 オシダ科、 オシダ属、常緑、多年草。 用語説明
長さ:40〜60センチ
林縁に生え、根茎は太くて直立する。
葉柄の基部に黒褐色の鱗片が密生する。
葉身は1回羽状複葉で、下部の2〜3対の羽片は短くなり、 小羽片には鋸歯があり、鈍頭である。
胞子嚢群は、葉身の上半部の小羽片の中肋と辺縁の中間につく。

識別点:
  クマワラビ :葉柄に褐色鱗片、葉脈くぼむ、鋭頭、先端の羽片はやや縮み胞子散布後枯れる。
  オクマワラビ:葉柄に黒褐色鱗片、葉脈くぼまず、鈍頭、先端の羽片は縮まず枯れない。







シダ植物-科名-目次へ戻る
シダ植物-目次へ戻る
総目次へ戻る