シダ植物門


用語説明

シダ植物は、維管束をもち、根、茎、葉の区別があるが、花や種子をつくらず、 おもに胞子でふえる。 胞子は胞子嚢で作られる。胞子嚢は集まって胞子嚢群あるいはソーラス と呼ばれるものになり、胞子は散布されるまでそこに入っている。
配偶体あるいは前葉体と呼ばれる有性世代と、胞子体と呼ばれる無性世代があって、 世代交代する。
胞子が発芽して小さい配偶体となり、受精すると大きい胞子体になる。 通常シダ植物として目にするのは胞子体である。
茎は肥大成長しない。 胞子のできる葉を胞子葉あるいは実葉、できない葉を栄養葉あるいは裸葉(らよう) ということがある。

科名の見当がつく場合

クサソテツ等の イワデンダ科
等の科名

葉の形で見る

ゼンマイ等の ゼンマイ科 単羽状複葉を叢生する

ミズニラ等の ミズニラ科  水中に生えるニラのような形をした植物

シダ植物科名一覧
シダ植物総覧
総目次へ戻る