クラマゴケ

鞍馬苔

シダ植物、 イワヒバ科、 イワヒバ属、常緑、多年草。 用語説明
高さ:5〜10センチ
日蔭の湿った所などに生える。 緑色の茎が地を這って分枝し、広がる。
主茎は這って長くのびてまばらに分枝し、 側枝はあまり伸びずに羽状複葉を密に広げる。
葉は鱗状で楕円形である。
主茎には担根体があって、地に触れると根を出して広がる。 側枝には枝の上にも小さい葉があって、数回分枝して斜上する。

識別点: クラマゴケコンテリクラマゴケ
 クラマゴケ    :葉が緑色。
 コンテリクラマゴケ:葉が紺色で光沢がある。

(2015/5/1)


(2016/4/22)


長くてまばらに分枝する主茎と、短くて密に分枝する側枝がある。(2015/5/1)

葉は小さな楕円形で、側枝には枝の上にも小さい葉がある。(2015/5/1)


シダ植物-科名-目次へ戻る
シダ植物-目次へ戻る
総目次へ戻る