メタセコイア


裸子植物、 スギ科、 メタセコイア属、落葉、針葉樹、高木。 用語説明
別名:アケボノスギ
花期:冬〜春 2〜3月
高さ:35メートル
樹皮は縦に裂けてはがれ落ち、樹形は円錐形となる。
葉は1〜2.5センチで細い側枝に無柄で羽状に対生し、柔らかく、秋に赤褐色に紅葉して、 側枝ごと落ちる。
雌雄同株で、雄花は枝先に垂れ下がった花序に多数つき、雌花はツクシの坊主のような形をしており、枝先に1個つく。 雄花序は秋に伸びて落葉後に褐色の総となり、春に開花する。
1.8〜2.5センチの球果をつける。 種子には広い翼がある。

落葉後。




(2016/11/26)


蕾(雄花序花芽?)(2015/10/12)


雄花。




雄花は落葉後も残る。


(2013/2/26)


球果。(2013/2/26)


(2016/4/11)


新緑。


葉。


幹は太くて直立する。


葉は線形で左右対称に並ぶ。


葉裏。


幹。






別名アケボノスギ


別名アケボノスギ


別名アケボノスギ


別名アケボノスギ。(2016/11/26)


裸子植物-目次へ戻る
総目次へ戻る