キャラボク

伽羅木

裸子植物、 イチイ科、 イチイ属、常緑、針葉樹、低木。 用語説明
花期:春
高さ:1〜3メートル
イチイ の変種で、樹高が低いことと、葉が放射状(らせん状)につくことで区別できる。
半日影でも育ち、刈り込みに耐えるが、移植はやや難しい。
雌雄異株。 花は葉腋につき、雄花は球形の淡黄褐色で、雌花は楕円形の緑色である。
筒状の赤い仮種皮に入った球形の核状種子がつく。 仮種皮は食べられるが種子は有毒。



果実には筒形の赤い仮種皮がある。


果実には褐色の種子があるのが見える。(2018/8/24)


未熟な果実の仮種皮は緑色。(2018/8/24)


雄花序は淡黄褐色で丸い。(2016/4/11)


雄花。(2018/3/31)


葉は多段の放射状につく。


葉は螺旋状に互生するとも言える。(2016/4/11)


葉裏には淡緑色の気孔帯が2本ある。(2016/4/11)


葉は柔らかく、主脈が隆起している。(2015/5/10)


若葉は黄緑色。


小枝は放射状にのびるが、刈り込みで樹形を丸くできる。


枝は密に分枝する。(2018/1/10)


裸子植物-目次へ戻る
総目次へ戻る