トクサ

砥草、木賊

シダ植物、 トクサ科、 トクサ属、常緑、多年草。 用語説明
高さ:0.6〜1メートル。
地下茎は短く、節から円柱形で中空の地上茎を直立させ、束生する。
茎は枝分かれせず、多数の突出した筋があり、細胞壁に珪酸が蓄積してざらつき、 節があって、黒色の鞘状の葉がある。茎を引っ張ると節のところで抜け切れる。
夏に茎の頂きに0.6〜1センチの短楕円体の胞子穂をつけ、 それは緑褐色から黄色に変わる。
木材や竹、金属を磨くのに使われた。





葉は退化して節のところに鞘状となっている。(2015/10/26)




シダ植物-科名-目次へ戻る
シダ植物-目次へ戻る
総目次へ戻る