タチシノブ

立忍

シダ植物、 ホウライシダ科、 タチシノブ属、常緑、多年草。 用語説明
高さ:60センチ
根茎が匍匐し、多数の葉を出す。 胞子は背が高く、栄養葉は裂片の先がやや丸い。
葉の下半分近くが葉柄で、基部は紫褐色であるが上は緑になる。
葉身は卵状被針形で、幅が広いのは基部近くで、先端に向けて細くなる。 3〜4回羽状複葉で細かく裂け、裂片は細長くて先がとがる。 葉身は鮮やかな緑色でつやがある。
胞子嚢群は裂片の先に細長くつく。









胞子をつけた胞子葉。(2017/9/21)


シダ植物-科名-目次へ戻る
シダ植物-目次へ戻る
総目次へ戻る