マメヅタ

豆蔦

シダ植物、 ウラボシ科、 マメヅタ属、常緑、多年草。 用語説明
高さ:1〜6センチ。
岩や樹皮に着生する。
細い茎が這って、緑色の栄養葉と胞子葉をつける。
栄養葉は直径1〜2センチの円形で、 肉厚で数ミリの葉柄があって、樹皮などにかぶさる。
胞子葉は長さ約6センチのへら形で、 細長くて反り返り気味に立ち上がり、 裏面主脈の左右に茶色の胞子嚢群が線状につく。

栄養葉は肉厚で丸く、樹皮や岩などを覆うように広がる。(2015/5/1)


胞子葉はへら形で肉厚であり、茶色の胞子嚢群がついている。(2015/5/1)


(2016/10/15)


シダ植物-科名-目次へ戻る
シダ植物-目次へ戻る
総目次へ戻る