ヒトツバ

一つ葉

シダ植物、 ウラボシ科、 ヒトツバ属、常緑、多年草。 用語説明
高さ:30〜40センチ。
岩や樹皮に着生する。 針金状で硬い匍匐茎を長くのばし、根を出す。
匍匐茎からまばらに葉が出て立ち上がる。 長い葉柄の先に楕円形で単葉の葉身がつく。 葉身は厚手の革質で、細かい星状毛が密生し、 黄緑色をしている。新芽は白く見える。 葉裏には淡褐色〜白色の星状毛が密生する。
胞子嚢群は赤褐色の半円形で、葉裏に一面につく。



葉裏には星状毛が密生していて、白っぽく見える。葉柄が長い。(2015/10/28)


葉裏の一部に赤褐色の胞子嚢群が見える。


シダ植物-科名-目次へ戻る
シダ植物-目次へ戻る
総目次へ戻る