デンジソウ

田字草

羊歯植物、 デンジソウ科、 デンジソウ属、水生植物、1年草。 用語説明
花期:羊歯植物なので花は咲かない。
茎は細長く、水底や水中を長くのびて、 4つの扇形を結合した(四つ葉のクローバーのような) 葉をまばらにつけ、大きな群落を形成する。
この小葉は直径1〜2.5センチある。 葉には5〜30センチの長い柄があり、水面に浮かぶことが多いが、 水上に伸び上がる葉もある。 水面に浮かぶ葉には光沢があるが、水上に伸び上がる葉には光沢がない。
葉を出した位置の茎からは、ひげ根も出る。 葉脈は網目状ではなく、2分岐を繰り返して、 (イチョウのように)末広がりの扇状に広がる。
胞子嚢は葉の基部近くから出る柄の先につき、楕円形で、 色は白から褐色へと変わる。

(2017/10/26)


葉脈は扇状に広がる。(2017/10/26)


葉は畳まれて出てくる。 (2018/6/19)


(2018/6/19)


シダ植物-科名-目次へ戻る
シダ植物-目次へ戻る
総目次へ戻る