ソテツ

蘇鉄

裸子植物、 ソテツ科、 常緑樹。 用語説明
花期:8月
高さ:8メートル
幹は太く、根元から1本または数本でる。幹全体に葉の落ちたあと(葉痕)がある。 年輪はない。成長が遅く、1年で2〜4センチしか伸びないと言われる。
葉は長さ50センチ以上あり、幹の先に輪生状に叢がってつき、羽状に裂け、かたい。 小葉は約10センチで細長く、先が鋭くとがり、光沢がある。
雌雄異株で、雄花は50センチほどで幹の先端に松笠状の塔のように立ち、 雌花は幹先に球状に集まってつき、色は淡褐色。 雌花には掌状に細裂した大胞子葉が束生し、 その下部に胚珠が数個ある。
果実は直径4センチぐらいで種子が露出しており、 熟すと赤くなる。
根は太くて藍藻類を共生させており、やせ土地でも育つ。 ソテツには毒があって、虫などにあまり食べられない。



葉は羽状に裂けて固く、小葉は細長くて光沢がある。


葉裏は淡緑色。(2015/10/28)




脇芽でも殖える。(2015/10/28)


群生する。


(2016/11/3)


葉は幹の頂部に密生する。 (2018/3/25)


葉柄の基部に棘がある(写真は枯れた葉を切り落としたもので、下ほど古い)。 (2018/3/25)


雌花序は半球状。


雌花には淡褐色の大胞子葉と、偏球形の胚珠がある。


朱色の栗のような種子ができる。 (2018/3/25)


裸子植物-目次へ戻る
総目次へ戻る