イヌマキ

犬槇

裸子植物、 マキ科、 マキ属、常緑、針葉樹、高木。 用語説明
花期:春〜夏 5〜6月
高さ:20メートル
幹は直立し、樹皮は白褐色で、薄く縦長にはがれる。
葉は密に互生し、長さ10〜15センチで、細長く扁平な広線形で、主脈が はっきりしており、触っても痛くない。
雌雄異株で、花は葉腋につく。雄花序は淡黄緑色で、 前年枝の枝先から何本も円柱状に立上る。 雌花は1センチぐらいの柄の先につき、その胚珠が大きくなって緑色の種子となる。
実は直径約1センチの核果状で丸く、 緑色の皮の中に種子があり、 熟すと白い粉をふき、その基部は赤い花床となって、 赤と緑の串団子のような形となる。 花床は食べられるが、種子は食べられない。



古い葉は濃緑色。


葉は広線形で互生する。(2015/6/25)


葉の主脈が明瞭で、葉裏は淡緑色。


葉は密に茂る。


緑色の丸い種子の下で果床が膨らみ始める。(2016/7/28)


(2016/7/28)


膨らんだ果床は赤くなる。(2016/11/9)


種子は有毒だが熟した果床は食べられる。


幹の樹皮は薄く縦長にはがれる。


裸子植物-目次へ戻る
総目次へ戻る