シュッコンアマ

宿根亜麻

双子葉、離弁花、 アマ科、 アマ属、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:30〜60センチ
耐寒性はあるが、高温多湿には弱い。
茎は細長くて上方で分岐し、枝を斜上させる。
葉は小さな狭被針形で、葉柄がなく、らせん状に互生する。
初夏に枝先から出る花柄に、空色の直径約3センチの5弁花が単生する。
果実は球形の刮ハで、黄褐色に熟す。
ヨーロッパ原産(アルプス地方)。

花は5弁で空色。(2015/5/6)


葉は小さな狭被針形で、茎は横ばいして斜上する。(2016/4/15)


茎は細くて分枝する。(2015/5/6)


(2017/6/6)


蕾は小さな円錐状。(2016/5/5)


果実は丸い刮ハで、尖った萼片が5個ある。(2017/5/19)


刮ハは黄褐色に熟す。(2015/7/2)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る