カシワバアジサイ

柏葉紫陽花

双子葉、離弁花、 ユキノシタ科(新分類では アジサイ科)、 アジサイ属、落葉、低木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜7月
高さ:0.5〜2メートル
雨を好み乾燥に弱い。半日蔭がよい。 幹は灰褐色。
アジサイ に似ているが、 葉は黄緑色がかった大きな卵状(15〜22センチ)で、 カシワ のように切れ込みがあり、対生する。 秋に紅葉する。
初夏に花軸が約25センチと長く、 ガクアジサイ のような装飾花を狭円錐形の穂状に咲かせる。 八重咲きもある。 はじめは白いが時がたつと淡紅色になる。 装飾花の陰に隠れるようにして、小さくて黄緑色の両性花も多数咲く。
刮ハができるといわれるが、あまり結実しないようである。
北米原産。



ガクアジサイを円錐形にしたような花が咲く。(2015/5/27)


大きい萼に囲まれて小さい花弁がある2重構造となっている。 (2015/5/27)


花の大きい品種もある。 (2016/7/29)


この品種では、外側の4枚の萼片がとても大きく、内側の4枚の花弁はごく小さい。 (2016/7/29)


葉に大きな切れ込みがある。


(2017/5/9)


円錐花序が枝先から出る。 (2016/5/7)


葉は対生する。 (2018/10/7)


秋に葉が赤くなる。(2015/10/12)


花も葉も長く鑑賞できる。 (2018/10/7)


株立ちする。(2017/4/18)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る