あとがき

環境省では、モニタリングサイト1000里地調査
(http://www.nacsj.or.jp/project/moni1000/)
で、身近な自然環境の実態調査を全国的規模で継続的に行っています。
私は横浜市におけるその植物相調査に参加し、身近な自然に生育している植物を記録する作業を始めましたが、はじめは見かける植物の名前がなかなかわかりませんでした。しかし、わかってみると、それは手持ちの植物図鑑に記載されているものが大部分だったので、植物についての体系的な勉強の必要性を痛感して、本写真集の作成を始めました。
作成にあたっては、植物専門でない一般の人の視点で、目の前にしている植物の名前が何であるかをわかりやすくするにはどうすればよいかに注目しました。
写真の撮影はほとんど全部私が行いましたが、photo by H. O. と記してあるものは、故人となられた大澤英夫氏がご提供くださった写真です。文章の作成はすべて私が行いました。
その過程では、先頭ページ末尾の謝辞に示すように、おおくの 方々に教えていただきました。誤り等が多々あると思いますが、 それはすべて私(渡辺坦)の責任です。
 まだ作成途上ですが、このようなものでもまだ植物にあまり 詳しくない方には参考になることがあるかもしれないと思って、 公開することにしました。
誤りのご指摘やご意見等、先頭ページに示した連絡先に お知らせいただけるとたいへんありがたいです。

 写真は大部分小型のデジカメで.撮りました。 高木などに対しては望遠レンズ付きのCanon EOSも使いました。 主な撮影場所は、関東南部の野山や公園、田畑、街かど、道端、 植物園(東京大学付属小石川植物園、都立薬用植物園、 国立博物館付属自然教育園(目黒)、昭和薬科大学薬用植物園、 神代植物公園、他)などです。遠出したときに撮った写真もあります。
大澤英夫氏の写真の多くは箱根で撮られたものです。

2015年 渡辺坦